リハビリテーション室

情熱・誠意・愛情をもってサポートします!!!


当院では主に、整形外科疾患・脳血管疾患・呼吸器疾患・循環器疾患の患者さまを対象に、急性期から在宅まで行う訪問リハビリまで、一貫した幅広い領域でのサービスを提供しています。
患者さま及びご家族を中心とし、医師・看護師・医療ソーシャルワーカー・ケアマネージャー等各専門職でのチーム医療を基本としてサポートいたします。 リハビリを受診される場合には、まず疾患別に外来受診をして頂き、医師の指示のもと行うこととなります。リハビリに関することはもちろん、どんなことでもお気軽にご相談下さい。

リハビリって??


リハビリの語源は、ラテン語のre(再び)と、habilis(適した)を組み合わせたものに由来するといわれ、これを訳すと「再び適した状態になること」や「本来あるべき状態への回復」という意味になります。つまり、リハビリとは、病気や怪我によって心身の機能が低下した方に対して、出来るだけ早期に家庭復帰・社会復帰・スポーツ復帰できるよう、運動療法や作業療法、言語療法等を用いて、お手伝いさせて頂くことです。

理学療法

理学療法士は、身体に障害のある方に対し、その基本動作能力の機能回復を図ることを目的に、運動や体操・歩行練習や痛みを取り除くための温熱や電気刺激等の物理的な手段を用いた治療などを行います。またスポーツ障害の患者さまに対しての治療も実施します。


作業療法

作業療法士は、病気やけがによって生じた日常生活動作の制限に対して、様々な方法を用いながら機能訓練、動作練習、環境調整等を実施し、能力の回復を図ります。また入院患者さまの場合、退院前に患者さまのお宅へ同行させて頂き、家屋改修や福祉機器のアドバイスをさせて頂くこともございます。


言語療法

言語聴覚士は、言葉を話す言語機能、食事の際の飲み込みに必要な嚥下機能等に障害を抱かれる方に対して、その機能を維持・回復出来るよう、訓練や指導・助言を行います。また、脳血管障害を呈した患者さまに生じる言語障害や、高次脳機能障害に対するアプローチも積極的に行っています。